ホワイトフード公式オンラインショップ

HOME > 放射能検査について
元京都大学 小出裕章助教に放射能検査のアドバイスを頂いて検査しています。

ホワイトフードの放射能検査について

ホワイトフードでは、お客さまの大切なお子さまと妊婦さんを守るために最高水準の放射能検査の体制をとっております。また、ゲルマニウム半導体検出器の選定や測定をしっかりするために、元京都大学の小出裕章教授に放射能測定のアドバイスを頂いて検査しています。

自社で所有している測定器:ゲルマニウム半導体検出器 キャンベラ社製GC2520

ゲルマニウム半導体検出器の最大手のキャンベラ社の検出器を使用しております。

1フレコンバッグ(1,000kg)当たり2リットル(2kg)採取します。

玄米を2リットルのマリネリ容器に入れて測定しております。

測定器の心臓部分です。中のグレーの棒が放射能を測定する機能です。

検体を入れた2リットルのマリネリ容器をセットします。

外部の放射能がはいってこないように鉛で遮蔽でし測定します。放射能測定器は空気中や地面から放射能が入ってこないように鉛で覆われております。

検出器はパソコンにつながれており、検査状況が瞬時に表示されます。

お子さんと妊婦さんのいるご家庭に自信を持って提供しております。

外部の検査体制について

CRMSせたがや市民放射能測定所

数多くある放射能測定所の中で、福島原子力発電事故後に立ち上がった市民測定所です。
中でもゲルマニウム半導体検出器で、放射性セシウムおよび放射性ヨウ素をそれぞれ検出限界値0.5ベクレル/kgまで検査してくれる「CRMSせたがや市民放射能測定所」に協力を頂いております。

Princeton Gamma-Tech製 ゲルマニウム半導体検出器

Princeton Gamma-Tech製 ゲルマニウム半導体検出器でサンプル検査して頂いております。

放射性セシウムおよび放射性ヨウ素をそれぞれ検出限界値0.5ベクレル/kgで検査をして頂いております。